応援「ポチっ」お願いします♪

ブログランキング・にほんブログ村へ

62㎏→52㎏ 難病になって「食」を見つめなおしたら痩せてた話

甘味が無いとイライラ・・・砂糖中毒かもしれない・・・

私、メチャメチャ甘いものが好きなんです。
Blogを読んでいただければわかるかと思いますが(笑)

チョコにアイスにクッキーに・・・毎日何かしら口に入れていないと気が済まない・・・そうなんです。ほとんど中毒っていうくらい、甘味が無いとイライラしてしまうくらい甘いもの好きなんです。

そんなんで、以前の私は168.5㎝で体重はMaxで62.5㎏ありました。

背が高いので、太っているというよりガッチリしているように見えてました。
難病を発病する前は、特に大きな病気もなかったので、ちょっと太っているけどまあいいか!みたいな感じで、食べ物にあまり気を使っていなかったんです。

でも、歳をとるにつれて健康だと思っていた体が調子を崩したり、痛みがでたり・・・不調続きになっていったんです。

30代のときには子宮筋腫になり、40代のときに腰痛・膝痛に悩まされ、その上、軽いすい臓炎(これは今も経過観察中)その次に・・・そう神経難病の脊髄小脳変性症という難病にかかってしまいました。

人は食べたもので出来ている

私、神経難病になってしまい治す薬もないし、どうしたらいいのか本当に悩んだんです。

何がイヤって「何もしなまま歩けなくなる」ってことが本当に苦痛でした。

そして何もやらないよりもいわゆる「自然療法」的な事をやったら変わるかもしれないと、砂糖中毒だった私が、糖質を極力取らないといったミラクルなことをやって遂げたんです(数か月だけだけど(笑))

結果、私の病気が好転したということは残念ながらありませんでしたが、自然療法系の本をイロイロと読んでいるうちに、「自分の食べたもので体は出来ている」という考えはなるほど納得するようになったんです。

自然療法系の本は「この食べ物で体が治った!」ってちょっと胡散臭いっぽいのが多いのですが、私が共感できたのは自分で食べたもので自分の身体が作られていく・・・ってところだったんです。

そして「自分は今まで何食べて生きてきたのか」って考えるきっかけになったんです。

例えば私の大好きなお菓子「ポテトチップス」・・・これは何となく揚げ物お菓子なので、体に悪いよなーって思いながらも一度食べたらやめられないお菓子の代表格ですよね。私、食べると一袋ペロッといっちゃう人です(笑)

でも、美味しいって感じるのはL-グルタミン酸ナトリウムという調味料添加物。舌を刺激して脳に「美味しい」と強くインプットします。ナトリウムなので、食べ過ぎると塩分過多となります。心臓とかに悪いですよね。

もろもろあるのですが、いかに自分が食べていたものの真の姿を知らなかったか反省するきっかけになりました。

糖質も取り過ぎていた!周りを見渡してみたら高糖質だらけ!

自分の食べているものの原材料をよく見ることを始めたのと、特に加工食品に多く含まれている「糖質」を気にするようにしました。

糖質ってよく食べるお米や麺類などに沢山入っているし、飲料やお菓子なんかにはメチャメチャ入っているのですが、気にしないとスゴイ量を一日摂ってしまっているので糖質は結構怖いですよね。


私は特に健康診断で「糖質の摂りすぎ」を指摘されたワケではないのですが、普段食べている食事を見直してみると、普段の食事、特に炭水化物(お米や麺類)にかなりの「糖質」が入っているし、私はスイーツ好きなので、さすがにこれは糖質摂りすぎだろーという感じになってきた頃に難病を発症し、食べる物を見直していくうちに「糖質」も気にして食事をとるようにしました。

「白米」「麺類」なんかはよくよく調べてみると、私が通常食べる白米は角砂糖14個分くらいなんですよね~
ひゃー。

私の食事はメインが炭水化物だったんですよ。
●●丼とかパスタとかラーメンとか・・・・
なので、カロリーはそんなに気にしなくてもいいから、糖質を抑えたなるべくシンプルな食事に変え、食事量も抑えるようにしました。

ブロッコリーのサラダ、ゆで卵、納豆、少しの玄米・・・・とか。

なので、私の最近の食事は
朝・・・白湯、バターコーヒー
昼・・・
ナッツ類、チーズ、日によって軽くサラダやお豆腐など食べます
間食・・・
お腹が空いたときは我慢しないで少しだけ間食を摂る。シンプルな原材料のもののみ。(例:干し芋、ドライフルーツ(食べ過ぎに注意)、添加物の入っていないクッキーなどを少量)
夜・・・
卵、納豆+温野菜や魚、鶏肉など+玄米(ごく少量)
*私は筋力の低下を防ぐためにタンパク質多めに取っています。

でも、たまにブログのネタにしたい~なーんて言い訳でコンビニのお菓子なんかを食べちゃいます。でも添加物や糖質を気にしてるので、食べる頻度は以前に比べれば全然減りました。

小食になったので、その分、体に良い(優しい)食材にお金をかけるようになりました

ちょっと前まではかなり食べてたので、とにかく「安い」食材ばかり選んで買っていたんです。


ラーメンに野菜いれときゃ体に良いだろうと思っていたんです。
多分、難病になんかならなければ、今もその食生活だったんだろうと思いましたが、今はなるべく体に良いというか優しい食べものを選ぶようになりました。

「体に優しい食べもの」いわゆる「なるべく加工していないもの」
無農薬野菜や有機野菜や、そういった野菜を食材にしたものです。

「体に優しい食べもの」って近くのコンビニやスーパーではあまり扱っていないので、私は会社の帰りにデパ地下で食材を買っています。

産地や農薬の有無がわかりやすいので、ちょっと面倒ですが、買っています。
値段は通常のものより高いですが、意外とポイント溜まって結構お得なんですよ。

なるべく出かけて買い物をすると、足のリハビリになるのでそうしているのですが、足の痛みが辛い時や、雨・風の日は杖歩行なので、転ぶ危険もあるのでそんなときは無理せず通販や宅配サービスを利用しています。

◎楽天グループのオーガニック野菜を扱うナチュラルマーケット「楽天ファーム」

◎安心安全な野菜を提供してくれる有機野菜の「大地を守る会」



◎自然と体に配慮した農法で育った野菜を定期宅配してくれる「ミレー」





スイーツもご褒美にたまに食べますが日持ちのしない、原材料がわかるものを食べます。もちろん糖質も気にしているので、メインの夜ごはんの量をその分調整しています。

そんなこんなしていると、自然に小食になるんですよね。

一つ一つを噛みしめて食べてるっていうか、食材の味にいちいち感動して食べてるから少量でも満足感があるんです。
原材料にこだわると食材が高くなるのですが、少量なんで今までと変わらない、もしくは少しセーブできているかもしれません。
今、考えるとよくあんなに3食ガッツリ食べてたなーと思います(笑)


私は夜ご飯をちゃんと食べているので、胃を休める為に朝ゴハンは食べません。
朝は胃を温める為に白湯を飲んで、ちょっとお腹が空いてしまうのでバターコーヒーを飲んでお昼まで過ごしています。

そうして今は62㎏→52㎏くらいになりました。

私は以前からいろいろなダイエット方法を試してきました。
でも、大体リバウンドしていたんです。

ですが、病気きっかけですが、食の原材料を気にすることと、糖質を抑えることをしたら小食になり、体重も減り、腰・膝痛が改善されました。

結果、分かったことはダイエットで重要なことは

量より質


ということ。

質を改善すると、自然と自分にあった量しか摂らなくなりましたよ。

食って、とても重要です。
食を改善してから自分の身体が喜んでいるように、メンタル的にもかなり改善されています。

本当は難病の改善が狙いでしたが、やっぱり難病ですよね(笑)「治った!」ってなればいいのですが、そうはいかないようです。
でも、以前から続いていた不調は確実に改善し、体重も落とせたので、「食の見直し」やってよかったと思っています!

シェアしてください!

コメントを残す